抜けた歯を入れたい

抜けた歯を補うための対処法

抜けた歯を補うための対処法

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った場合、そのままにしていてはいけません。歯が無いと機能性や審美性に劣り、日常生活に支障をきたすだけではなく、きちんと噛めなくなることで全身の健康に悪影響を及ぼしてしまいます。そのため、歯を入れてその部分を補い、きちんと噛めるようにする必要があります。

抜けた歯を補うための方法のひとつに『インプラント治療』があります。インプラント治療は、歯を失った部分の顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着する方法です。
インプラントは顎の骨としっかり結合するため、天然歯のようにしっかりと力を入れて噛むことができます。また、人工歯はセラミック(陶材)でできているため、自然な見た目に仕上げることができます。

以前はブリッジや入れ歯での治療が多く行なわれていましたが、ブリッジや入れ歯とは異なり、噛み心地と見た目の良さを両立できる機能性・審美性に優れた治療法ということで、最近ではこのインプラント治療を受ける方が増えています。

詳しくはインプラントのページをご覧ください。

インプラント治療、ブリッジ、入れ歯の特徴

歯を入れるには、インプラント治療、ブリッジ、入れ歯という治療法がありますが、同じ「歯を入れる」という治療でもさまざまな点が異なります。
ご自分の症状や生活環境などに合わせて、適したものを選びましょう。

インプラント治療のメリット・デメリット

インプラント治療のメリット・デメリット

メリット

  • ■力を入れて噛める
  • ■見た目の違和感がない
  • ■異物感がない
  • ■健康な歯を削る必要がない

デメリット

  • ■外科手術が必要になる
  • ■治療期間が長くなる
  • ■費用が高額になる
  • ■メンテナンスに気を使う
  • ■病気があると治療を受けられないことがある

ブリッジのメリット・デメリット

ブリッジのメリット・デメリット

メリット

  • ■費用をかければ違和感のない見た目に仕上がる
  • ■固定式のため違和感があまりない

デメリット

  • ■健康な歯を削る必要がある
  • ■顎の骨が減ることがある
  • ■衛生管理しにくい

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯のメリット・デメリット

メリット

  • ■一般歯科の範囲で治療を受けられる
  • ■健康な歯をほとんど削らずにすむ

デメリット

  • ■違和感を覚える
  • ■硬いものが食べにくい
  • ■発音しにくくなることがある
  • ■見た目に違和感が出ることがある
ページトップへ