医療費控除について

医療費控除について

医療費控除制度とは

医療費控除制度は、その年の1月から12月までの間に、本人や家族が支払った医療費が10万円以上になる場合、確定申告をすれば税金の還付が受けられる制度です。

医療費控除制度とは

医療費控除の計算式

医療費の控除額は、以下の計算式で知ることができます。

その年に支払った医療費-保険金などで補填される金額=A
A-(10万円または所得金額の5%で少ない方の金額)=医療費控除額(最高200万円)

10万円を超えた医療費が全額還付されるわけではなく、自分の所得税率を掛けた金額が最終的な還付金額となります。

医療費控除が適用される歯科治療

医療費控除制度は歯科治療にも適用されますが、すべての歯科治療に適用されるわけではありません。
具体的には、以下のような治療に適用されます。

  • インプラント治療
  • 矯正治療
  • 保険適用外の被せ物や入れ歯
  • バス・電車代などマイカーのガソリン代を除く交通費

医療費控除の手続き

医療費控除を申請するためには、確定申告のときに所轄の税務署へ以下のものを持参します。

  • 家族全員の1年分(1/1~12/31)の医療費の領収書
  • 交通費の覚え書き(氏名・日付・通院理由・交通機関を明記したもの)
  • 印鑑
  • 源泉徴収票(給与所得者)

医療費控除制度の利用を検討する場合、領収書を受け取りきちんと保管しておくことが大切です。

医療費控除の手続き

医療費控除の申請を忘れた場合

医療費控除の申請を忘れたり、制度を知らなかった場合でも、5年以内であればさかのぼって申請できます。

ページトップへ