デンタルエステ・PMTC(クリーニング)定期健診

定期検診

定期検診とは

定期検診とは

定期検診は、皆さんの口の健康を守り、生涯自分の歯で生活していただくために、病気予防の意味を込めて行ないます。たとえ痛みなどの異変がなくても、数ヵ月に一度定期的に来院いただき、口の病気になっていないかどうか確認します。
異変を感じて来院いただくと、虫歯や歯周病が進行していることが多く、治療期間や治療費がかかって患者さまの負担が大きくなります。また、毎回異変を感じてから来院されると、治療を重ねることによって歯の寿命は短くなってしまいます。
たとえ病気が発見されても、早期発見・早期治療であればそれほど患者さまの負担はならず、口の健康が大きく損なわれることはありません。

歯が全部残っている方や残り少なくなった方は生涯その歯で生活できるよう、また、歯が残っていない方は正しいケアで口の衛生管理ができるよう、定期検診を受けて口の健康を守ることが大切です。

定期検診で行なうこと

定期検診で行なうこと

定期検診では、主に以下のようなことを行ないます。
生涯自分の歯で生活していただくためにも、しっかりと定期検診を受けて病気予防に努めることが大切です。

定期健診で行なうこと

  • 虫歯の有無の確認
  • 歯周病の進行状況の確認
  • 歯並びや噛み合わせに異常がないかどうかの確認
  • 粘膜に異常がないかどうかの確認
  • 詰め物や被せ物の不具合がないかどうかの確認
  • PMTC(歯面清掃)によるクリーニング
  • フッ素(虫歯予防効果のある物質)塗布
  • 歯磨き指導

口腔衛生指導

当院では口腔衛生指導を行ない、皆さんが口の健康を守って生涯自分の歯で生活できるようサポートしています。

歯磨き指導

歯磨き指導

歯磨きはプラークコントロール(歯垢の量を減らすこと)の代表的な方法であり、虫歯・歯周病予防の基本です。
そのため、歯科衛生士による歯磨き指導を行なっています。
患者さまの歯並びや噛み合わせなどを踏まえ、磨き方の癖を確認し、正しく歯磨きできるようご指導します。

きちんと歯垢を落とすために、以下のポイントを確認しましょう。

歯ブラシの選び方

  • ヘッド(植毛部分)が小さいものを選ぶ
  • 毛がナイロンで普通の硬さのものを選ぶ

磨き方

  • 鉛筆を持つように軽く持つ
  • 歯ブラシを小刻みに動かす
  • 鏡を見ながら磨く

正しい磨き方を意識して丁寧に磨くことで、虫歯や歯周病の予防効果が上がり、口の健康を守ることができます。

生活習慣指導

生活習慣指導

近年、生活習慣が歯周病に影響し、歯周病の進行状況に関わることがわかっています。そのため、歯周病も生活習慣病のひとつと認識されるようになりました。
当院では、患者さまの生活習慣についてお伺いし、歯周病への影響がないかどうかを確認しています。食生活など生活習慣に問題があれば、少しずつ改善する努力をしましょう。

歯周病の治療・予防のためには、以下のような生活習慣を心がけましょう。

  • 糖分を控え、栄養バランスの良いものを規則正しく食べる。
  • 歯周病を悪化させる喫煙の習慣を見直し、なるべく禁煙する。
  • 身体の抵抗力が低下しないよう、ストレスを溜めない。
  • 身体の抵抗力が低下しないよう、十分な睡眠をとる。
  • 身体の抵抗力を高めるため、十分な運動をする。

一度身についた生活習慣を改善することは簡単ではありませんが、少しずつでも改善することで口と全身の健康を守ることができます。日常的に生活習慣を意識し、できることから始めてみましょう。

ページトップへ