デンタルエステ・PMTC(クリーニング)細菌検査

細菌検査

細菌検査とは

細菌検査とは

虫歯になる原因は、主に3つあります。原因に見合った予防をすることで、さらなる予防効果を得られます。
たとえば、正しく歯磨きできているのに虫歯になってしまう場合は、歯磨きより適した予防法があると考えられます(だからといって、歯磨きしなくていいというわけではありません。日常的に正しい歯磨きを行なうことは、虫歯予防の基本なので、しっかりと実践しましょう)。

虫歯になる原因は以下の3つです。『細菌検査』を受けていただくことで本当の虫歯の原因を知ることができ、ご自分に合った予防法を実践できます。

  • 細菌の数(ミュータンス菌など虫歯の原因菌の数)
  • 歯を守る力(唾液の量・質)
  • 食習慣(糖分を摂る頻度)

細菌検査の流れ

1唾液の採取

味のないガムを5分間噛み、唾液を採取します。

2唾液の緩衝能検査

5分後に検査用紙が何色になっているか調べ、唾液の緩衝能(酸性の状態を中和する力)を確認します。

3細菌数の判定

唾液から虫歯菌を検出し、細菌の数や菌の種類を調べます。

本当の虫歯の原因を知り、患者さまに合った虫歯の予防法をご指導します。口の中を虫歯になりにくい環境にすることで、口の健康を守れます。

ページトップへ