歯周病歯周内科

歯周内科とは

歯周内科とは

歯周内科とは、「歯周病は細菌類の感染症である」という認識のもと、歯周病菌および真菌(カビ)の除菌と健康なお口の獲得を目的とした、菌の特定と薬による内科的な歯周病の治療方法のことをいいます。

歯周病の治療で安易に出血が伴う歯石とりや歯磨き、外科措置(手術)などをすると身体の中に細菌が流れ込み貧血症を起こす結果となります。

懸命に歯を磨いても、なかなか歯肉の炎症が治まらない、それどころか歯肉の腫れや出血・口臭などに悩まされている方、いろいろやってみたけれども結局は歯周病で歯を失ってしまたという方、このような方々は歯周内科をお勧め致します。

歯周内科で行なう治療

歯周内科で行なう治療

歯周内科治療では、位相差顕微鏡(いそうさけんびきょう)という特殊な顕微鏡やDNA検査(PCR検査)によってお口の中の細菌の種類や数などを確認し、原因菌を特定します。そして、その菌に効果のある薬剤を用いて、徹底的に原因菌を除菌していきます。
従来の歯周病治療では、症状が改善するまで長い期間を必要としていましたが、歯周内科治療では、患者さまご自身ではっきりと自覚できるほど、歯肉からの出血や膿が短期間で改善されます。
また、この治療方法は、除菌だけでなく、歯周病が進行しない健康的な口腔環境を作ることにも効果があります。

歯周内科治療のポイント

  • 位相差顕微鏡での菌の確認
  • 歯周病菌のDNA検査(PCR検査)
  • 細菌の除去薬剤の内服
  • カビの除去効果のある歯磨き剤での歯磨き
  • 歯のクリーニング

歯周内科医治療において最も重要なポイントは、お口の中にいる細菌を確認することです。
細菌の種類と数が分からないと薬の選択ができないので、歯周病菌が多いのか、あるいはカビが多いのか、もしくはどちらもほとんどいないのか・・・など、それらを確認することで、患者さまのお口の状態に合った効果的な治療を行なうことが可能になります。

治療の流れ

歯周内科治療は、下記のような流れで行ないます。

STEP1 位相差顕微鏡による細菌の検査

お口の中の細菌を採取し、位相差顕微鏡で細菌の動きや種類などを確認します。患者さまにもご覧いただき、ご自身のお口の状態について知っていただきます。

STEP2 歯周病菌のDNA検査(PCR検査)

さらに詳しい検査であるDNA検査(PCR検査)をおすすめします。
歯だけでは無く身体の健康を害する歯周病菌を調べる事でこれからの病気のリスクを知ることが出来ます。

STEP3 検査結果および除菌の説明

約10日後、DNA検査(PCR検査)の結果がでるので、その検査結果を患者さまにご説明いたします。
歯周病の原因菌とその除菌について、図などを用いながら患者さまにご理解いただけるまで丁寧にご説明させていただきます。

STEP4 お薬の服用とお薬を使っての歯磨き・マウストレー

原因菌が特定できたら、その細菌に合ったお薬を選択し服用していただきます。 カビとり用歯磨剤を用いての歯磨きや、夜間使用していただくマウストレーの使用方法のご説明をさせていただきます。

STEP5 歯石とり

毎回、位相差顕微鏡を使い検査をしながらお口の中をきれいにしていきます。

STEP6 PCR検査(DNA検査)

再度PCR検査にて細菌を調べ、結果のご報告をいたします。

従来の歯周治療では、長期間治療を続けていたにもかかわらず、 なかなか治療効果が出なかった方でも、この歯周内科治療を行なうことで、短期間で驚くほど良い結果を得ることができます。
歯肉の腫れや出血、歯のぐらつきなど歯周病でお悩みの患者さまはぜひ一度ご相談ください。

ページトップへ