歯周病歯周病

歯周病とは

歯周病の原因

歯周病の原因

口の中にはたくさんの細菌がおり、それらは食べかすを栄養分として増え、集まってひと塊になります。これを歯垢といい、毎日歯磨きしていても、歯と歯肉(歯ぐき)の境目である歯周ポケットに少しずつ溜まっていきます。細菌は毒素を出すため、やがて歯肉に炎症が起きます。
このように、歯肉に炎症が起き、やがて、歯槽骨の吸収が始まります。

歯周病の症状

歯周病の症状

歯周病になると、症状が進むにつれて歯肉の腫れや歯肉からの出血が見られるようになり、歯槽骨(歯を支える骨)が少しずつ溶けていきます。やがて歯がグラつきはじめ、放置していると最終的には歯が抜け落ちてしまいます。
歯周病になっても、初めは痛みなどの自覚症状がほとんどないため、気づかないうちに症状が進んでいきます。歯肉の腫れや歯肉からの出血を自覚するようになったときには悪化しており、重症であれば抜歯せざるを得ないこともあります。

歯周病の予防法

歯周病の予防法

歯周病予防で大切なのは、『プラークコントロール』です。定期的にプロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニング(PMTC)を受けていただき、その際には同時に位相差顕微鏡検査をおすすめします。
その方のお口の状態に合ったメインテナンス法で、歯の隅々まで汚れを落として行きます。

歯周病の治療法

歯周病の治療法

歯周病の治療法は症状によって異なりますが、大切なのは予防と同じく『PMTC』です。
古いプラーク(細菌)をきれいに取り除き常に新しいプラーク(細菌)に戻してあげる事で歯周病の進行に歯止めを掛けます。
しかし歯周病が重度な方、磨いていても状態が悪くなるような方は歯周内科(お薬を使って歯周病を治す治療)や外科措置をお勧めする場合もあります。

スケーリング

スケーリング

歯周ポケット(歯と歯肉の境目)に溜まった歯石(歯垢がまとまって硬くなったもの)を専用器具で取り除く方法です。

ルートプレーニング

ルートプレーニング

スケーリング後、専用器具で歯周ポケットの奥に溜まった歯石を取り除き、歯の表面のザラつきをなくす方法です。

以上の方法で改善しないほど重症であれば、以下のような手術を行ないます。

フラップ手術

歯肉を切開して、歯根についた歯石や感染した組織を取り除く歯周外科治療です。

GTR法

メンブレンという人工膜を使用して、歯周組織(歯肉や歯槽骨などの歯を支える組織)を元の状態へと再生させる歯周組織再生誘導法です。

エムドゲイン法

エムドゲインゲルという蛋白質の一種でできたゲルを使用して、歯周組織を元の状態へと再生させる歯周組織再生誘導法です。

手術を受けることは、肉体的にも費用の面でも患者さまの負担になります。ここまで重症になる前に改善するためには、日常的に正しい歯磨きを行なうことが大切です。
歯磨きは、治療のためだけでなく、口の健康を守るための最も基本的な方法です。生涯自分の歯で生活するためにも、歯科医院で歯磨き指導を受けて正しい磨き方を習得し、実践しましょう。

治療の流れ

1カウンセリング

健康状態や生活習慣などから、歯周病の原因と思われるものを確認します。

2検査、診断、治療計画

歯周ポケットの深さ、歯肉からの出血、歯のグラつきなどを検査して症状を把握し、治療計画を立てます。

3初期治療

歯磨き指導で正しい磨き方を習得していただき、スケーリングとルートプレーニングで歯石を取り除いて歯肉の炎症を改善します。

4初期治療後の検査

初期治療で改善していたらメンテナンスを行ない、改善していなければ再び初期治療を行ないます。

5歯周外科治療・歯周組織再生誘導法

初期治療で改善していなければフラップ手術(歯周外科治療)、またはGTR法・エムドゲイン法(歯周組織再生誘導法)などを行ないます。

6再検査

歯周外科治療・歯周組織再生誘導法で改善していたらメンテナンスを行ない、改善していなければ今後の治療計画を立てます。

7メンテナンス

3~6ヵ月に一度定期検診を行ない、歯肉の状態や歯磨き方法を確認してPMTC(歯面清掃)を行ないます。

歯周病が身体に及ぼす影響

歯周病は、歯を失ってしまう可能性の高い怖い病気です。しかし怖い理由はそれだけではありません。最近の研究では、歯周病が全身の健康に影響を及ぼすことがわかっており、主に以下のような病気の原因になるとされています。

糖尿病

サイトカイン(免疫や炎症に関連する蛋白質)がインスリン(血糖値を低下させるホルモン)の働きを妨げ、血糖のコントロールが難しくなります。

心血管疾患

血管に細菌が入り込んで冠状動脈(心臓に血液を送る動脈)に達すると、心血管疾患を発症しやすくなります。

誤嚥性肺炎

高齢者に多く見られる病気で、細菌が気管に入り込んで肺に達し、肺炎を引き起こします。

骨粗しょう症

高齢の女性に多く見られる病気で、サイトカインが骨代謝に影響を及ぼし、骨密度が低下して骨が折れやすくなります。

早産・低体重児出産

歯肉の血管から入り込んだ細菌やサイトカインが子宮に達し、子宮筋の収縮を引き起こして早産や低体重児出産になる可能性が高まります。

口の健康を守ることは、全身の健康を守ることにつながります。歯周病の方は必ず治療を受け、改善と再発防止に努めることが大切です。歯周病になっていない方も、油断せず予防に努めましょう。

歯周病の進行

歯周病には『歯肉炎』と『歯周炎』の症状があり、歯周病を表すPerio(ペリオ)の頭文字を取ってP1からP4の4段階で表します。
段階別の症状は以下のようになります。

■健康な状態(歯周ポケット1~3mm)

健康な状態(歯周ポケット1~3mm)

歯肉がピンク色で引き締まっています。

■P1 歯肉炎(歯周ポケット3~4mm)

P1 歯肉炎(歯周ポケット3~4mm)

歯肉に赤みや腫れ、歯磨きのときの出血が見られますが、自覚症状はほとんどありません。

■P2 軽度歯周炎(歯周ポケット4~5mm)

P2 軽度歯周炎(歯周ポケット4~5mm)

歯肉の赤みや腫れ、歯磨きのときに出血が目立つようになります。口臭が出はじめ、歯槽骨(歯を支える骨)が溶けはじめます。

■P3 中等度歯周炎(歯周ポケット5~7mm)

P3 中等度歯周炎(歯周ポケット5~7mm)

歯肉が赤紫色に腫れ上がって歯肉が下がり、歯磨きのときの出血や口臭が酷くなります。歯槽骨が半分ほど溶け、指で歯を押すとグラつきます。この段階で異変に気づくことが多くなります。

■P4 重度の歯周病(歯周ポケット7mm以上)

P4 重度の歯周病(歯周ポケット7mm以上)

歯肉が赤紫色に腫れ上がって大幅に下がり、歯が長く見えるようになります。歯肉に触れるだけで出血し、うみが出て口臭がさらに酷くなります。歯槽骨が2/3以上溶けてさらに歯がグラつくようになり、最終的には歯が抜け落ちます。

歯周病は自覚しにくい病気ですが、段階別の症状を知っていれば、異変に気づいた段階ですぐに治療を受けられます。すぐに異変に気づけるよう、ご自分の口の状態を観察する習慣をつけましょう。

ページトップへ