インプラントインプラント治療の流れ

インプラント治療の流れ

インプラント治療は、以下のような流れで行ないます。

1カウンセリング

治療内容、治療期間、治療費などをご説明するので、治療を受けるかどうかご検討ください。
口の悩みやご要望などがあれば、お気軽にご相談ください。

2検査、診断、治療計画の立案

レントゲン写真撮影、CT撮影、咬合検査、顎の骨量の検査などを行ない、口の中の状態を把握します。
診断結果を元に治療計画を立てます。

3インプラントの埋入

歯肉を切開してインプラントを顎の骨に埋め込みます。
インプラントの先端を歯肉から露出させたままにする方法と、インプラントを歯肉で覆ってから縫合する方法があります。
詳細は『1回法・2回法』をご覧ください。

4治癒期間

インプラントと顎の骨の結合を2~6ヵ月ほど待ちます。
必要に応じて仮歯を装着できます。

5歯肉の切開

インプラントを歯肉で覆ってから縫合する方法を行なった場合、再び歯肉を切開してインプラントの先端を露出させ、アバットメント(インプラントと人工歯との接続部分)を装着します。

6人工歯の作製・装着

仮歯を装着して見た目の問題や違和感がなければ、人工歯を装着します。

7メンテナンス

3~6ヵ月に一度、定期検診を受けていただきます。
きちんとメンテナンスを行なって口の健康を守らないと、インプラントを長期間安全に使用していただくことはできません。歯科医師の指示に従い、必ずメンテナンスを行ないましょう。

1回法・2回法

1回法・2回法の治療の流れ

インプラント治療は、歯肉を切開する手術の回数によって『1回法』と『2回法』に分かれ、治療の流れには以下のような違いがあります。

1回法の治療の流れ

1回法の治療の流れ
  • 歯肉を切開します。
  • 顎の骨に穴を開けます。
  • アバットメント(インプラントと人工歯との接続部分)が一体化したインプラントを埋め込みます。
    インプラントの先端は、歯肉の上に露出させておきます。
  • 顎の骨とインプラントが結合するのを3~6ヵ月待ち、人工歯を装着します。

2回法の治療の流れ

2回法の治療の流れ
  • 歯肉を切開します。
  • 顎の骨に穴を開けます。
  • インプラントの先端が歯肉から露出しないように埋め込んで縫合します。
  • 顎の骨とインプラントが結合するのを3~6ヵ月待ちます。
  • 再び歯肉を切開し、埋め込んだインプラントの先端を露出させます。
  • インプラントにアバットメント(インプラントと人工歯との接続部分)を装着します。
  • 歯肉の状態が回復したら、人工歯を装着します。

1回法と2回法のメリット・デメリット

1回法と2回法のメリットとデメリットをそれぞれ紹介します。

1回法

メリット
  • ■歯肉を切開する手術が1回だけなので、身体への負担が小さい
  • ■人工歯を装着するための手術を行なわないので、時間を短縮できる
  • ■インプラントの構造が単純なので費用を抑えられる
デメリット
  • ■顎の骨の量の少ない方などには適用できない
  • ■顎の骨とインプラントの結合を待つ間、インプラントを歯肉の上に露出させておくため、感染を起こす確率が高くなる

2回法

メリット
  • ■顎の骨の量の少ない方など、どのような症状にも適用できる
  • ■歯肉を縫合して顎の骨とインプラントの結合を待つため、感染を起こす確率が低い
デメリット
  • ■歯肉を切開する手術を2回行うため、身体への負担が大きくなる
  • ■歯肉を切開する手術を2回行うため、費用が高額になる
  • ■人工歯を装着するまでの工程が複雑なので、治療期間が長くなる
ページトップへ