インプラント骨が足りない方へ

骨造成

骨造成とは

骨造成とは

人間の身体は刺激を受けていないと衰えるため、歯の無い状態で放置するなどして、顎の骨に刺激が伝わらないと、少しずつ骨の量が減ってしまいます。
インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込み、しっかりと結合させる必要があるため、顎の骨の量が十分足りている必要があります。しかし、骨の量が減ってしまった場合、インプラントを埋め込んだときにその一部が骨を突き抜けてしまう可能性があり、しっかりと結合させることができません。

そのため、以前は顎の骨の量が少ない方はインプラント治療を受けられないとされてきました。しかし最近では顎の骨の量を増やす『骨造成』という手術により、インプラントを安全に埋め込むことができるようになりました。

骨造成には主に以下のような種類があります。

サイナスリフト

サイナスリフト

上顎の奥歯の上(目の下・鼻の横)にはサイナスという空洞が広がっており、シュナイダー膜という粘膜で覆われています。『サイナスリフト』はサイナスの横から手術して骨を増やす方法で、骨の厚さが5mm以下のときに行ないます。
上顎の歯肉の側面を切開し、シュナイダー膜をはがして押し上げ、そこに自家骨(自分の骨)や骨補填材などを入れて3~6ヵ月待ちます。それにより新しい骨がつくられ、インプラントを埋め込める量まで骨を増やすことができます。

インプラントを埋め込むのは新しい骨がつくられた後になるため、治療期間が長くなりますが、サイナスの横から処置するので骨を多くつくれます。また、歯肉を切開するため患者さまの負担が大きくなりますが、担当者が目で見て確認しながら手術できます。

ソケットリフト

ソケットリフト

『ソケットリフト』は、歯を失った部分から手術して骨を増やす方法で、骨の厚さが5mm以上のときに行ないます。
歯を失った部分の顎の骨に穴をあけ、自家骨(自分の骨)や骨補填材などを入れながらシュナイダー膜を押し上げ、インプラントを埋め込める量まで骨を増やします。同時にインプラントを埋め込み、骨と結合するまで4ヵ月ほど待ちます。

歯を失った部分から処置するため、つくれる骨は少なくなりますが、インプラントを同時に埋め込めるため、治療期間が短くなります。また、担当者が目で見て確認しながら手術することはできませんが、歯肉を切開しないので、患者さまの負担はそれほど大きくありません。

GBR

GBR

『GBR』は、骨の再生を促して骨の量を増やす治療法です。
骨を増やしたい部分に自家骨(自分の骨)や人工骨(人工の骨)を入れ、メンブレンという人工膜で覆い、骨が再生されるまで4~6ヵ月ほど待ちます。
骨の量が多ければ処置と同時にインプラントを埋め込むことができますが、少なければ骨の再生後に埋め込みます。

ページトップへ