インプラントAll-on-4・ガイデッドサージェリー

All-on-4

All-on-4とは

All-on-4とは

多くの歯を失った方や総入れ歯をお使いの方がインプラント治療を受ける場合、以前は片顎に8〜 14本のインプラントを埋め込む必要がありました。そのため手術時間や治療費がかかり、患者さまに大きな負担がかかっていました。
『All-on-4』(オールオンフォー)は片顎に最少4本のインプラントを埋め込み、それだけで人工歯を支えることができ、しかも1日で仮歯の装着までできる画期的な治療法です。手術時間や治療費を抑えられ、患者さまの負担もそれほど大きくなりません。

All-on-4の特徴

All-on-4の特徴

All-on-4は、奥歯部分の骨の丈夫なところに左右1本ずつ斜めにインプラントを埋め込み、前歯部分にも2本埋め込みます。それにより力の配分が均等になるため、最少4本のインプラントで、最大12本分が連結した人工歯を支えられます。

連結した人工歯を装着するという点では入れ歯と同じですが、インプラントで支えているため、All-on-4には入れ歯とは異なる以下のような特徴があります。

  • 顎の骨としっかり結合しているため、硬い物でも力を入れて噛める
  • 顎に刺激が伝わって骨が減らないため、顔の若々しさを保てる
  • 食べ物が挟まらないので痛みがない
  • 動かないので安心して会話できる
  • 取り外す必要がないので、人目を気にせず旅行などを楽しめる

All-on-4の治療の流れ

All-on-4は、以下のような流れで行ないます。

1検査、診断、治療計画立案

レントゲン写真撮影、噛み合わせの確認、型取りなどの検査を行ない、診断結果を元に治療計画を立てます。
あらかじめ、術後に装着する仮歯を作製します。

2インプラントの埋入

必要に応じて抜歯を行ない、歯肉を切開してインプラントを埋め込みます。

3休憩

インプラントを埋め込んだ後、数時間休憩します。

4仮歯の装着

仮歯を装着します。
状態によっては、翌日以降になることもあります。

5人工歯の装着

6ヵ月ほど経ったら人工歯を装着します。

6メンテナンス

3~6ヵ月に一度定期検診を受けていただき、メンテナンスを行ないます。
口の健康を守ってインプラントを長期間安全に使用するためには、メンテナンスがとても大切です。

ガイデッドサージェリー

ガイデッドサージェリーとは

ガイデッドサージェリーとは

『ガイデッドサージェリー』は、歯科用CT(立体画像を撮影できる装置)で得た情報を元に、専用の診断用ソフトで精密なシミュレーションを行ない、その方に合ったテンプレート(型)を使用して、より正確で安全にインプラント治療を行なえる方法です。
フラップレス(無切開無痛)手術を行なえるため、以前であれば大幅に切開する必要のあった症例でも、痛みや腫れを抑えられるので、患者さまの負担もそれほど大きくなりません。

ガイデッドサージェリーには、以下のような特徴があります。

  • より正確にインプラントを埋め込むことができる
  • 患者さまは歯科用CTで撮影した立体画像を見ながら説明を聞けるため、治療内容を理解しやすい
  • フラップレス(無切開無痛)手術ができるので、痛みや腫れなど患者さまの負担を抑えられる
  • 埋入時間が短縮されるため、一度に多くのインプラントを埋め込める。

ガイデッドサージェリーの治療の流れ

ガイデッドサージェリーは、以下のような流れで行ないます。

1シミュレーション

歯科用CT撮影を行ない、得られたデータを元にシミュレーションを行ないます。

2テンプレートの作製

歯科用CTで得たデータをセンターへ送ると、手術用のテンプレート(型)がつくられます。

3インプラントの埋入

テンプレートを装着して手術を行なうことで、インプラントの埋入本数が多くても、従来の半分以下の時間で手術を終えられます。

ページトップへ