よくあるご質問

よくあるご質問

皆さんからよく寄せられるご質問とその回答を掲載しています。治療に関する不明点がありましたら、まずはこちらをご確認ください。
また、こちらに掲載されていないご質問でも、当院までお気軽にお問い合わせください。

  • 治療全般
  • 歯周病
  • PMTC
  • インプラント治療
  • 審美歯科
  • 矯正歯科

治療全般

急に歯が痛くなったのですが、診てもらえますか?

基本的には予約制となっていますが、急患の方にはできる限り早く対応しますので、お気軽にお問い合わせください。基本的には予約制となっているので、お電話にてご予約をお願いします。

妊娠中でも治療を受けられますか?

妊娠中でも治療を受けていただけますが、流産や早産などの可能性を考慮し、妊娠5~7ヵ月の安定期に受診されることをお勧めします。妊娠中、または妊娠の可能性のある方は必ず診療前にお申し出ください。

授乳中でも治療を受けられますか?

軽度の虫歯・歯周病治療であれば治療できます。それ以外の痛みや腫れをともなう治療は、応急処置にとどめたほうがよいでしょう。授乳中の方は、必ず診療前にお申し出ください。

妊娠中や授乳中レントゲン写真を撮っても大丈夫ですか?

妊娠6~12週のレントゲン写真撮影は胎児に影響を与えるとされていますが、歯科用のレントゲン写真撮影機で1枚撮影するときの被曝量はごくわずかであり、防護エプロンを使えばさらに被曝量を1/10~1/100に抑えられます。授乳中のレントゲン写真撮影については心配ありません。
妊娠中、または妊娠の可能性のある方は必ず診療前にお申し出ください。

質問トップへ戻る

歯周病

歯周病になりやすい年齢はありますか?

一般的には40~50代の方に発症することが多いのですが、30代前後の方の約80%、初期症状であれば10代の方の約50%に発症しています。年齢に関係なく予防に努めることが大切です。

歯磨きのとき、痛みはないのに歯肉から出血します。

歯周病の可能性が高いので、お早めにご来院ください。

歯がグラついていますが、元に戻りますか?

中等度の歯周炎になっている可能性が高く、元に戻るかどうかは、グラついている歯とその周りの歯肉などの状態によります。これ以上悪化しないようお早めにご来院ください。

歯周病と喫煙に関係はありますか?

たばこに含まれるニコチンは血液循環や免疫の機能を弱めるため、細菌への抵抗力が落ちます。それが歯周病の進行を助長し、歯肉の治癒力を低下させてしまいます。歯周病予防・治療のためにも、できる限り禁煙することが望ましいといえます。

歯周病の予防法を教えてください。

歯周病予防で大切なのは、歯垢の量を減らす『プラークコントロール』を行なうことです。代表的な方法が歯磨きで、日常的な正しい歯磨きで歯垢の量を減らせます。たとえ歯周病になったとしても、軽症であれば正しい歯磨きで症状が改善します。歯科医院で歯磨き指導を受けて正しい磨き方を習得しましょう。

歯周病治療後のメンテナンスはどのくらいの間隔で受ければいいですか?

口の健康状態によって異なりますが、3~6ヵ月に一度は受けましょう。

質問トップへ戻る

PMTC

PMTCで歯は白くなりますか?

歯の表面の着色汚れを落とせるため、歯本来の白さを取り戻すことはできますが、歯本来の色よりも白くすることはできません。

PMTCは痛くないですか?

専用器具を使うため痛みは感じません。薬品を使うので個人差はありますが多少しみることがあります。

PMTCはどのくらいの感覚で受ければいいですか?

口の健康状態によって異なりますが、3~4ヵ月に一度受けることをお勧めします。

PMTCは保険が適用されますか?

日本の保険制度では、保険が適用されるのは「病気を治すための治療」のみとなるため、「病気を防ぐための治療」には適用されません。そのため、PMTCは自費診療となります。

質問トップへ戻る

インプラント治療

手術は痛くないですか? 手術の時間はどのくらいかかりますか?

最初に麻酔をするので痛みはありません。時間は、埋め込むインプラントの数にもよりますが、15~120分ほどになります。

自分の歯と同じように噛めるようになりますか?

インプラントが顎の骨としっかり結合するので、抜けたりグラついたりせず、天然歯のようにしっかりと力を入れて噛むことができます。

歯周病ですが、インプラント治療はできますか?

軽度の歯周病であれば基本的な歯周病治療を行ない、その後にインプラント治療を行なえます。重度の歯周病であれば、歯槽骨(歯を支える骨)が溶けて骨の量が減っており、インプラントを安全に埋め込めません。その場合は、骨造成で骨を増やしてからインプラント治療を行ないます。

インプラントはどのくらいの期間使えますか?

チタンという人体に馴染みやすい金属でできているため安全性が高く、長期間安定した状態を保つことができます。

インプラント治療に年齢制限はありますか?

その方の健康状態によって異なりますが、健康状態に問題がなければ80代の方でも治療を受けていただけます。

質問トップへ戻る

審美歯科

美しい口元にするには、どのような治療を受ければいいですか?

審美治療には、歯の色を白くするもの、歯肉の色や形状を改善するものなど、さまざまなものがあります。患者さまのご要望に合った治療をご提案するので、口元にお悩みのある方はぜひご相談ください。

ホワイトニングとPMTCの違いは何ですか?

ホワイトニングは歯本来の色より白くすることができます。PMTCは歯の表面の着色汚れを落とせるため、歯本来の白さを取り戻すことはできますが、歯の色自体は変えられません。

妊娠、授乳中でもホワイトニング治療を受けられますか?

妊娠中、授乳中の方の安全性は保障されていません。ホワイトニングは緊急性を要する治療ではないので、安心して受診できる時期までお待ちいただくことをお勧めします。

質問トップへ戻る

矯正歯科

小児矯正は何歳から始められますか?

症状や年齢によって治療開始時期が異なるので、お子さんの歯並びが気になった時点でご相談ください。精密検査を受けていただくことで、具体的な判断ができます。

大人になってからでも矯正治療はできますか?

大人でも矯正治療を受けられます。大人は自分の意志で治療を受けるため、積極的に治療に取り組むことができ、良好な治療結果を得られます。

抜歯する必要はありますか?

出来る限り抜歯せずに治療を行なうよう心がけていますが、症状によっては抜歯が必要になることもあります。たとえ抜歯しても、歯並びがきれいになればきちんと噛めるため、全身の健康に悪影響を及ぼすことはありません。

矯正治療が終わるまでの時間はどのくらいかかりますか?

治療期間は症状や年齢によって異なりますが、一般的に1年半から2年半ほどかかります。短いと1年以上、長いと数年かかることもあります。

矯正治療の費用はどのくらいかかりますか?

保険が適用されていないため、自費診療になります。治療費は症状、装置の種類、治療期間によって異なりますが、開始前に検査を行なうことで、治療法や治療期間とともに治療費をご提示することはできます。

ページトップへ