審美歯科セラミック治療

セラミック治療とは

セラミック治療とは

虫歯などで歯の一部を失った場合、詰め物や被せ物でその部分を補いますが、その部分をセラミック(陶材)で補う治療をセラミック治療といいます。
以前は銀歯や金歯で治療を行なうことが多かったのですが、その部分が目立って審美性に劣るというデメリットがありました。しかしセラミックは白い色をしており、天然歯のような色調や透明感を再現できるため、自然な見た目に仕上げることができます。
セラミックにはさまざまな種類があり、使用する部分に適したものを選びます。

セラミック素材の種類

セラミックにはさまざまな種類があり、目立たず審美性に優れているため、クラウンという被せ物として使用されることが多くなっています。

オールセラミッククラウン

オールセラミッククラウン

すべてセラミックでできた素材です。
審美性に優れていますが、欠けやすく、ブリッジなど特に強い力がかかる部位への使用には向きません。

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックにレジン(プラスチック)を混ぜた素材です。
耐久性と柔軟性に優れているため欠けにくく、天然歯と同じように自然に磨耗するので、隣接する歯に優しい素材です。
変色しにくいですが、時間が経つとつくった当時の質感が失われるため、審美性に劣ります。

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアセラミッククラウン

ジルコニアは人工ダイヤモンドとして知られる鉱物で、それを使用した芯にセラミックを焼き付けたものです。
透明感があり、天然歯のような色調や透明感を再現できます。金属と同じような強度がありますが、金属が含まれていないのでアレルギーの心配もありません。
耐久性の面からセラミックでは不可能とされていた部分のブリッジなども、金属を含まない素材でつくれるようになりました。

金属アレルギーの方へ

金属アレルギーの方へ

歯科における金属アレルギーは、治療で使用した金属が少しずつ溶け出し、それが身体に取り込まれて口の中の粘膜や全身の皮膚に炎症などを起こすことをいいます。
そのため、金属アレルギーの方には金属の材料で治療を行なうことはできません。しかし、セラミックであれば金属が混ざっていないので、安心して治療を受けていただくことができます。
金属アレルギーでお悩みの方は、ぜひセラミック治療をご検討くださ
い。

セラミック治療の種類

セラミック治療にはさまざまな種類があります。

詰め物

詰め物

治療した部分が小さければ、セラミックの詰め物で補います。
現在入っている金属やレジン(プラスチック)の詰め物を、セラミックに替えることもできます。

被せ物

被せ物

神経を取るなど治療した部分が大きければ、セラミックの被せ物で補います。
現在入っている金属の被せ物を、セラミックに替えることもできます。

ラミネートベニア

ラミネートベニア

前歯の表面を薄く削り、付け爪のようにセラミックの薄片を貼り付ける治療です。形状を調整できるので、矯正治療ほど時間や費用をかけずに前歯を美しく整えられます。
症状によって以下のような方法で行ないます。

  • 歯が変色しているときは、セラミックを貼り付けて白い歯にする。
  • 前歯に隙間があるときは、セラミックを貼り付けて隙間をなくす。
  • 事故などで歯の一部が欠けているときは、セラミックを歯の形に整えて貼り付けて欠損を補う。

セラミック治療の流れ

1カウンセリング

患者さまのご要望を伺い、治療内容、治療期間、治療費などをご説明するので、治療を受けるかどうかご検討ください。

2歯型の採取

歯型を取ります。
レントゲン撮影、口腔内写真撮影、虫歯や歯周病の有無の確認を行ない、必要に応じて虫歯の治療を行います。

3仮歯の装着

神経のない方は被せ物の土台をつくります。
仮歯を装着して色調や形状、装着感などを確認していただき、問題がなければ歯科技工所に作製を依頼します。
その間は仮歯を装着できるので、日常生活に支障はありません。

4完成

完成したセラミック歯を試しに装着していただき、調整します。
このときに噛み合わせ、顔・唇の形とのバランス、肌の色などを確認していただくので、ご要望がありましたらお気軽にお申し出ください。
ご納得いただければ、接着して治療が終わります。
治療完了後も、経過観察のため1~2回ほど受診していただくことがあります。

ページトップへ