歯科医を目指した理由

歯科医師になったきっかけ

歯科医師になったきっかけ

父も兄も医師でしたので、当然自分も医療関係に進むものだと考えておりました。
そのなかで歯科医師を選択したのは、手先の器用さに自信があり、「歯科医師になれば、より自分の特性を活かせるのでは」と考えたからです。
幸いにも、歯科技術を学ぶなかで技工士にも負けないほどの技工技術も習得することができたので、現在では技工士と密に連携をとりながら精度の高い補綴治療(被せ物や入れ歯の治療)の提供を可能としています。

補綴の権威のもとで技術を磨く

補綴の権威のもとで技術を磨く

歯科大学を卒業後は、勤務医として歯科医院に勤めましたが、徐々にその医院のやり方があまり自分には合わないと感じるようになっていました。
そんな中、補綴治療の権威である納富哲夫先生を取り上げた記事を雑誌で拝見する機会がありました。
記事を読んで「ぜひこの方お会いしたい」と強く感じた私は、すぐに納富先生が開催されていた補綴の研修会に参加することを決意。研修会で納富先生の治療技術にも大きく感銘を受けたため、「給料はいらないので、先生の医院で勉強させてください」とお願いしたところ、幸運にも納富先生の医院で働かせいただけることになりました。
そして、納富先生の厳しくも熱いご指導のもと、数年間臨床経験を重ねていくうちに、先生が代表を務められている「日本歯科研究研修協会」の補綴科の講師に就任することになりました。このとき納富先生のもとで身に付けた経験に基づく治療技術や知識は、今も私の治療のベースとなっています。

苦難を乗り越えることに「やりがい」を感じる

苦難を乗り越えることに「やりがい」を感じる

約10年間にわたって納富先生の医院で技術を習得した後、他の医院の治療技術を学ぶために、勤務医として様々な医院での診療を経験しました。
また、あるきっかけからクライミングをはじめ、その流れで歯科医師の仕事をしながら山岳ガイドとしても働くことになりました。
そして、危険も多くある登山を幾多も経験するなかで、自分の中のある思いに気が付きました。
実は私は、学生時代にはスピードスケートや自転車競技、オートバイレースなども経験しており、これまでの自ら苦難に追い込むことをやってきたのですが、その苦難を乗り越えることに、強く「やりがい」を感じていたのです。
この思いは、どんなに難しい症例であっても、決して安易に諦めたり、妥協したりすることはせず、患者さまにとって最善な治療を追求する現在の私の診療姿勢にも通じております。

理想の歯科医療を目指して、開業

理想の歯科医療を目指して、開業

勤務医として働くなかで、徐々に「これは最善の治療ではない」「私だったらこうする」といったことを感じることが多くなり、これまで修得した治療技術を活かし、理想的な歯科医療の提供を実現したいと考えるようになり、開業を決意いたしました。
2002年に「大山歯科医院」を開業後は、丁寧で精度の高い補綴治療に力を入れるほか、インプラント治療や歯内療法などの最新の治療の技術や知識の習得にも励み、患者さまにとってベストな治療を提供しできるように努力して参りました。

そして現在。より良質な治療を追求します

そして現在。より良質な治療を追求します

さらに患者さまにとって快適で安心な治療を求め、2014年に大山歯科医院を全面リニューアルし、医院名を「歯科ブロッサムクリニック」と変更して、再オープンしました。

これまで以上にスタッフ一丸となって高い意識を持ち、良質な治療の提供に努め、地域に根差した歯科医院として、地元の皆さまに愛される歯科医院を目指して参ります。

ページトップへ