精密診療

精密診療とは

精密診療とは

歯の治療には細かい処置が必要です。しかし口の中は狭くて暗いため、処置したい部分を裸眼ではっきりと見ることは困難です。そのような状況でも、歯科医師の経験と勘によって治療できますが、それでは精密に治療できず、歯科医師の技術によって治療結果が左右されるなど、患者さまが本当に求める治療を行なうことはできません。特に根管治療(歯の神経の治療)や被せ物・詰め物の治療には、精密さが求められます。精密に治療できないと、治療したにもかかわらず細菌が入り、再び病気になってしまうという可能性があります。

そのような事態を防ぐため、当院ではマイクロスコープを使用した
『精密診療』を行なっています。マイクロスコープは、裸眼では見られない細かい部分を3~20倍に拡大して見ることができる手術用顕微鏡です。
マイクロスコープを使用することにより、歯科医師の経験と勘に頼るのではなく、きちんと確認しながら精密な治療を行なえます。

マイクロスコープでの治療

マイクロスコープは、主に以下のような治療に使います。

根管治療

根管治療

『根管治療』は、歯根(歯の根)の中にある根管(歯髄という神経・血管の束が通っている管)の治療を行なうことです。根管の中の汚染された歯髄を取り除いて洗浄と除菌を行ない、隙間なく薬剤を入れて密封します。
虫歯が進んで細菌が根管に入り、歯髄に達すると、特別な処置をしない限りその歯を抜歯する可能性が高くなります。しかし、根管治療を行なうことで、抜歯せず歯を残すことができるようになるのです。
根管は非常に細く、曲がっていたり枝分かれしているなど複雑なつくりをしています。裸眼で見ることができないため治療は非常に難しくなりますが、マイクロスコープがあれば、細かい部分を確認しながら治療できます。

虫歯治療

虫歯治療

マイクロスコープを使って虫歯治療を行うことで、患部だけを削ることができ、削る量を最小限に抑えられます。逆に、削らなければならない部分を残してしまうこともありません。
削った部分を詰め物や被せ物で補うときも、マイクロスコープがあれば裸眼では確認できないような小さな段差を見逃すことなく、より正確に治療できます。それが虫歯の再発防止につながります。

クラックの確認

クラックの確認

クラックは歯にできたひび割れのことです。天然歯に限らずセラミックの被せ物などに入ったひび割れも含まれます。
クラックは、歯ぎしりや食いしばりなどによってできることがあり、痛みや違和感を引き起こします。また、むし歯などの原因になることがあるため、治療が必要となります。クラックが歯根に達すると治療が難しくなり、抜歯する可能性が高くなります。虫歯ではないのに噛むと痛む場合は、このクラックが原因かもしれません。
しかしマイクロスコープがあれば、クラックの有無を確認でき、適切な治療を行なえます。

サージテルでの治療

サージテルでの治療

『サージテル』は、裸眼では見られない細かい部分を2~7倍に拡大して見ることができる双眼のルーペです。マイクロスコープほど拡大して見ることはできませんが、こちらも裸眼ではっきりと見ることのできない虫歯、汚れ、詰め物・被せ物の段差や隙間などさまざまなことを確認できます。
当院ではスタッフ全員がサージテルを使うことができるので、より精密な治療をご提供できる環境となっています。

ページトップへ