入れ歯

入れ歯とは

虫歯や歯周病などで歯を失った場合、その部分を補う必要があり、その方法のひとつに『入れ歯』があります。
入れ歯には大きく分けて『総入れ歯』と『部分入れ歯』があります。

総入れ歯

総入れ歯

歯が残っていないときに使う入れ歯で、上顎または下顎の歯列が一続きになっており、土台となる義歯床を粘膜との吸着力で支えます。

部分入れ歯

1本でも歯が残っているときに使う入れ歯で、土台となる義歯床を歯を失った部分に乗せ、留め金を掛けて支えます。

それぞれ保険診療(保険適用の診療)と自費診療(保険適用外の診療)があります。

入れ歯のメリット・デメリット

入れ歯には、以下のようなメリット・デメリットがあります。

メリット

  • ■健康な歯をほとんど削らずにすむ
  • ■入れ歯の種類によっては保険適用のものがあるため、費用を抑えられる

デメリット

  • ■装着感があるため、違和感を覚える
  • ■力を入れにくいため、硬いものが食べにくい
  • ■装着感があるため、発音しにくくなることがある
  • ■入れ歯の種類によっては、見た目に違和感が出ることがある

入れ歯の種類

入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があり、それぞれ使う材料などによってそれぞれ保険診療(保険適用)と自費診療(保険適用外)のものに分けられます。ご自分の症状や生活環境などに合わせて、適したものを選びましょう。

保険診療と自費診療の入れ歯の特徴の比較

保険診療 自費診療
人工歯部分 使える素材がレジン(プラスチック)に限られます。色調を選べないため、残りの歯の色や形とのバランスが悪くなることがあります。 レジン(プラスチック)以外の素材があるため、患者さまに最も合う色や形を選べます。
歯肉部分 使える素材がレジン(プラスチック)に限られるため、柔軟性がなく装着感が劣ります。 柔軟性のある素材があるので、快適に装着できます。
義歯床(土台)部分 使える素材がレジン(プラスチック)に限られます。割れやすいので厚みがあるため熱を伝えにくいので、食べ物の温度や味を感じにくくなります。 シリコンや金属の素材があるので、快適に装着できます。
留め金部分 留め金を残りの歯にかけて固定します。口を開けたときに留め金が見えたり、装着感に違和感を覚えることがあります。 種類によっては外から留め金が見えないので、入れ歯だときづかれにくくなります。

自費診療の入れ歯の種類

自費診療の入れ歯は、保険診療の入れ歯とは異なり義歯床(土台)の素材を選ぶことができます。
自費診療の入れ歯には、主に以下のような種類があります。

総入れ歯

ゴールド

加工しやすい金属なので適合性に優れているため、身体にやさしい入れ歯です。変色せず、ゴールドの美しい輝きが続きます。

チタン

チタンは人体に馴染みやすく、軽くて丈夫なため、装着感の良い入れ歯をつくれます。

コバルトクロム

保険診療の入れ歯の1/3ほどの薄さでつくれます。耐久性に優れており、熱が伝わりやすいため、長期間快適な装着感を保てます。

部分入れ歯

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー

歯肉のようなピンクの色調であり、留め金がないので装着していても目立ちません。また、柔軟性があるため曲げても割れません。

アタッチメント義歯

アタッチメント義歯

留め金がないので装着していても目立ちません。また、安定感に優れ良く噛めます。装着感の調整機能があるため便利です。

シリコンフィット

粘膜面をシリコンで保護できるため、身体にやさしい入れ歯です。柔軟性に優れているため噛み締めることができます。

入れ歯治療の流れ

1カウンセリング

治療内容、治療期間、治療費などと併せ、入れ歯の模型や資料などを使って入れ歯治療の概要をご説明します。入れ歯をお持ちの方は、来院の際にお持ちください。口の悩みや治療のご要望などがあれば、お気軽にご相談ください。

2検査・診断・治療計画の立案

レントゲン写真撮影、口腔内写真撮影などを行ない、口の中の状態を把握します。
診断結果を元に治療計画を立て、入れ歯の種類や素材などを決めていきます。

3入れ歯の作製・調整

入れ歯づくりは歯科技工士が担当し、患者さまのご要望に合う装着感に優れた入れ歯をつくります。

4メンテナンス

3~6ヵ月に一度定期検診を行ない、患者さまが快適に装着し続けられるように微調整します。

ページトップへ