口臭をなくしたい

口臭予防には歯周病対策を

口臭の原因

歯周病

口臭は自分ではなかなか気づかないものです。そのため、周りの人に不快感を与えていることも考えられます。
しかし、原因を知って対策を行なうなど、口臭は自分の心がけ次第で防ぐことができます。

口臭の原因として考えられるのが歯周病です。歯周病は、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)に歯垢(細菌の塊)が溜まり、その細菌の出す毒素により歯肉に炎症が起きる病気です。
健康な歯肉はピンク色で引き締まっていますが、少しずつ赤みや腫れ、歯磨きのときの出血が見られるようになります。それにともなって口臭が出てきます。うみや歯のグラつきが見られるようになると、さらに口臭が酷くなります。

歯周ポケット(歯と歯肉の境目)の部分の歯肉は、健康な状態のときには引き締まって歯にくっついており、歯周ポケットに細菌が入り込むのを防いでいます。しかし、歯肉に細菌がつくと腫れてきて歯から離れ、歯周ポケットが深くなります。そのようになると歯周ポケットの中に細菌が入り込みます。歯周ポケットは袋のような形状のため、歯ブラシやデンタルフロスでは中まで汚れを落とすことができません。そのため、細菌が溜まっていき、歯周ポケットがますます深くなり、細菌の温床になってしまいます。
そして歯周ポケットの中の細菌は、食べかすや唾液に含まれる蛋白質などを分解し、腐敗臭のような口臭を発生するのです。

これが口臭の原因ですが、口臭がする段階まで歯周ポケットが深くなっているということは、歯周病になっているということです。つまり、口臭を防ぐには歯周病の予防・治療が必要なのです。

歯周病対策

歯周病の予防・治療対策には以下のようなものがあります。

歯磨き

歯磨き

口臭を防ぐために大切なのは、日常的に正しい歯磨きを行なって歯垢(細菌の塊)の量を減らすことです。
正しく歯を磨いてきちんと歯垢を落とすために、以下のようなポイントを確認しましょう。

  • 歯ブラシの毛先を、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)、歯と歯の間、歯の溝などにきちんと当てる
  • 歯ブラシ毛先が広がらない程度の軽い力で動かす
  • 5~10mmの幅で1~2本ずつ磨けるように小刻みに動かす

歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを使ってさらに丁寧に歯垢を落とすことも効果的です。
また、歯磨きは口の健康を守るための最も基本的な方法でもあるので、歯科医院で歯磨き指導を受けて正しい磨き方を習得することも大切です。

詳しくは歯周病のページをご覧ください。

歯周病菌の検査(PCR検査)

口臭の原因菌ともいわれる菌をDNA検査(PCR検査)で調べる事が出来ます。

歯周内科治療

PMTC

PCR検査の結果で歯周病と診断された方の場合・・お薬を使っての除菌療法をご提案致します。

PMTC(プロフェッショナル メカニカル トゥース クリーニング)

歯科衛生士による専門家が行う、個人に合ったプロフェッショナルなクリーニングです。歯ブラシ等では絶対に落とせないバイオフィルムを徹底的に落としてゆきます。

PMTC

PMTC

どれだけ丁寧に歯を磨いていても、歯周ポケット(歯と歯肉の境目)、歯と歯の間、歯の溝などの汚れはなかなか落ちません。磨き残しが少しでも、それが毎回であれば少しずつ汚れが溜まり、口臭や歯周病の原因となるのです。
『PMTC』は、歯科医師や歯科衛生士に専用器具で歯をクリーニングしてもらうことです。歯科の専門家が本格的にクリーニングしてくれるので、歯磨きでは落ちなかった汚れを徹底的に落とせます。
歯周病予防のために、定期的にPMTCを受けて効果を持続させることをお勧めします。

詳しくはPMTCのページをご覧ください。

ページトップへ